ウォシュレットのあり方

ウォシュレットの魅力についてご紹介します

固有名詞となった商標

18年07月26日

未分類

固有名詞となった商標 はコメントを受け付けていません。


トイレ今や固有名詞となった「ウォシュレット」ですが、もともとは大手衛生陶器メーカーが医療向けの輸入品を販売していたのが最初です。これを日本で売り出そうと企画して、現在の大ブームになったわけですが、最初は便座に座った際の肛門の位置がなかなかわからず、社員が実際に使用することで適正な洗浄位置を解明していました。温水でお尻を洗ってくれて、モデルによっては乾燥もしてくれる便利な商品ですが、最初は温度調整がうまくできずに事故が発生したこともあったそうです。最近では、そのようなこともなく安心して使用できるようになっています。

現在では、世界中でこのような便座を作っている国は日本以外にはなく、アラブの王様達のような大金持ちの人々が日本に来て最高級の製品わかっていくほどになりました。また、外国のホテルにも採用される例が多くなり、最近では日本人が訪れるような国のホテルにはウォシュレットが設置されていることが多くなりました。

最初に販売開始をしたメーカーのみならず、他のメーカーでも同様の製品開発をして販売していますが、一番の売れ行きは最初に販売したメーカーの製品です。既存の洋式便器の上に載せるだけでウォシュレットとできる手軽なタイプから、便器と一体化して人が近づくと自動的にトイレの蓋が開閉するという最高級の製品まで多様な製品があります。まさに至れり尽くせりですが、医療の現場からもウォシュレットの普及によりお尻がきれいになり、痔の患者さんが減少したという声が出ています。ただ単に便利や豪華だというだけではなく、体のためにも役立っているのです。