ウォシュレットのあり方

ウォシュレットの魅力についてご紹介します

ウォシュレットに交換

18年07月30日

未分類

ウォシュレットに交換 はコメントを受け付けていません。


タンクウォシュレットは、おしりを洗うだけの簡易なものから、蓋の開閉まで自動でするものまで多様な種類があります。また、既存の洋式トイレの上に被せるだけでセットできるものもあり、最近はこの形式が主流です。具合が悪くなった際の交換も手軽で、便器の交換は必要ありませんから工事不要です。

ただし交換型の商品は便座に固定する必要がありますが、固定には両面テープを使用していることが多く、時間の経過と共にずれてくることが多いです。ウォシュレットを新しく買う際は、手軽な交換型を買う人が多いですが、水道管との接続が必要になるので注意が必要です

トイレ内にウォシュレット等のための配管が出ていればいいのですが、ない場合はタンクの配管から水が取れるどうかを検討する必要があります。またタンクへの配管を変えることでも対処できるので、大がかりな工事は要らないことが普通です。もっとも水道工事はやり方がまずいと後で水漏れの原因になります。簡単な工具ややり方の説明書は付いていますが多少高くなっても業者に任せることをお勧めします。もし最新式のウォシュレットを使いたいということであれば、交換式ではなく便器との一体型の商品になります。この場合、工事が必要になり値段も最低30万円程度かかります。