ウォシュレットのあり方

ウォシュレットの魅力についてご紹介します

ウォシュレットの是非

18年08月02日

未分類

ウォシュレットの是非 はコメントを受け付けていません。


ウォシュレットを使い始めると、これがないトイレには入りたくなくなります。使い始めると癖になるのがウォシュレットです。お尻を自動的に洗ってくれるという機能は、使うとやめられなくなる魔力があるのです。このことは単に気持ちいいと言うだけではなく、痔を防止したりする利点があります。お医者さんがウォシュレットを勧めるのは理由があるのです。その反面、洗浄ノズルの汚れが気になるから使いたくないという人も少なからずいます。

ウォシュレット最近は公共施設のトイレもウォシュレットになっていることが多く、誰が先に使ったかわからないような洗浄ノズルは不潔だという人が案外多いです。しかし実際には、使用後にはノズルから水を出しているので、ノズルの吹き出し口は清潔に保たれています。またウォシュレットは電気代が高くなるという問題があります。

原発が動かせずエネルギー不足が問題になっているご時世に、このようなものを使っていていいのかというジレンマを感じる人もいるでしょう。しかしトイレで使う紙は森林資源を伐採し、エネルギーを使って溶かしたパルプから作られています。要は同じことなのです。そうであれば、医療の見地からも利点があるウォシュレットを使う方が合理的ではないのでしょうか。